「SOLARIS HOPE」は、太陽光発電に関する高い技術力と豊富な実績をもっている企業のみが締結できる、京セラソーラーコーポレーションの認定技術代理店です。太陽電池モジュールはすべて、高効率化を実現した技術に関する特許を取得し、品質の高さと信頼性が世界で認められている京セラソーラー製を使用。さらに、基礎や架台、機器の設計・製造から施工まで、すべて自社で行う社内一貫体制を構築していますので、お客さまの一つひとつ異なるプランにもっとも適したシステムと工法をご提案できます。同時に、大幅なコスト低減・短納期も実現することで、あらゆる面でお客さまにご満足いただいています。

世界で品質の高さが認められた、京セラの太陽電池モジュールを採用。(京セラソーラー認定技術代理店)

3本バスバー電極構造

太陽電池セル表面の3本バスバー電極およびフィンガー電極の幅と配置を最適化することによって、受光面積の向上と電極の電気抵抗の低減を図り、太陽電池モジュールの高効率化を実現した技術に関して特許を取得しています。(特許第4953562号)

耐PID試験で出力低下ゼロ

ドイツのフラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センターが、世界の主要モジュールメーカー13社の製品を対象に行った「耐PID試験」で、出力低下が起きなかったモジュールとして、京セラの製品があげられ、高い品質と信頼性が実証されました。

防汚タイプモジュール

太陽電池モジュールの周囲4辺を構成するアルミフレームの長辺側に凹水切り加工を施し、表面ガラスに付着したホコリを、雨水とともに排出します(特許登録済)。とくに、低い傾斜角度で太陽電池モジュールを設置される場合に適しています。※1 採用型式/KS242P-3CF3CE、KS215P-3CJ2CE、KS1924P-3CJ2CEに標準設定

基礎から架台、機器、施工まで、すべて自社で設計・製造する社内一貫体制。

発電容量の決定

規模や条件に応じた太陽電池モジュールの設置枚数や傾斜角度など、CADを用いた配置設計・発電シミュレーションによって、最適なシステムをご提案します。

機器類の自社設計

発電した電力をまとめる接続箱や、発電状況をリアルタイムで表示する表示装置も自社設計しています。

現場にあわせた架台の設計

太陽電池モジュールを設置する架台はすべて自社設計・製造していますので、現場の状況や傾斜角度にあわせて、さまざまなご提案が可能です。

施工方法の選択・施工の管理

一級施工管理技士が効率的な施工計画を立案し、品質や工程、コストなど、すべてを管理します。もちろん、施工時の安全性にもしっかりと配慮しています。

設置場所の検討

屋根や地上など、お客さまの現場状況にあわせて基礎を選択。地上に設置する場合のスクリューアンカー基礎も自社製造ですので、基礎施工コストを大幅に抑えることができます。

運用支援

計測装置のメンテナンスやアフターサポートなど、長期的な運用をお手伝いするための、さまざまな支援体制を構築しています。

このページの上部へ戻る